ウッドブリース建材

ホーム> エコ建材>アットシールドクリア

アットシールドクリアは、近赤外線吸収材料として知られる従来のITO、ATO微粒子に変えて、1000nm付近の近赤外波長を選択的に吸収する新しい無機微粒子材料を、高度に分散しました。

SMMのKH分散液を用いると、ごく僅かの添加量(ITO比 1/20~1/50)で同等の日射遮蔽効果と温度低下効果を得ることができます。 
アットシールドクリアは、この機能性インクにシリコーン樹脂をバインダーとして加え、ガラスの表面に施工することで強固で耐久性に優れた膜を形成する特殊な塗料です。
NTTの公衆電話ボックスの温度上昇対策のため研究開発されたのが始まりです。

7つの特徴

01近赤外線を約70%以上カット

近赤外線は、人が一番暑いと感じる波長の光線です。「アットシールド・クリア」は、近赤外線を約70%以上反射・吸収します。 それにより室内温度上昇が抑えられ冷房効率が非常に良くなります。

評価項目 アットシールドクリア※ 6mmガラス
可視光透過率  (%) 80 88
日射透過率   (%) 56 79
日射反射率   (%) 6.4 9.3
紫外線透過率  (%) 4 56
日射熱取得率 (n値) 0.65 0.84
遮蔽係数   (SC値) 0.71 0.95
熱還流率 (kcal/m2h℃) 4.8 5.0
※フロートガラス(6mm)+アットシールドクリア

02 節電(省エネ)に有効

設定温度と電気代の関係(東京電力資料)によると温度を1℃増減させると消費電力は約9%増減します。「アットシールド・クリア」の実証試験データでは、施工前と後の室内温度差は2℃~7℃、特に夏場の空調負荷(省エネ)に大変有効です。 節電することによりCO2の排出量を抑え地球環境保護に貢献することにもなります。

03 優れた耐久性

優れた耐久性 ガラス面に塗布後、1時間で指触乾燥し、1週間で4H~5Hの鉛筆硬度となり、硬い被膜を形成します。気象変化による変質も無く、掃除による傷もほとんどつきません。耐久年数は約10年です。

04 可視光透過率は80%以上

ホテルの窓、家庭でのリビングからの景観、ショールーム、ディスプレイウィンドゥでの外からの美観や車窓を暗くしない等(極薄緑)可視光透過率は約80%以上、視界を妨げず色の変化もほとんどありません。

05 紫外線を約96%以上カット

有害紫外線を約96%以上カットしますので「アットシールド・クリア」は皮膚ガン・シミ・ソバカス等から人体を守ります。またカーテン、装飾品、じゅうたん等の日焼けによる劣化を防ぎます。

06昆虫を寄せ付けない

蛾やカメムシなどの昆虫は紫外線に集まる習性があります。「アットシールド・クリア」は、夜間の室内照明から出る紫外線をカットするのでこれら昆虫を寄せつけません。

07不燃性

建築材料として最も大切な不燃性が実証されております。

豊富な実績と実証データ

■泉カントリークラブ

■新宿センチュリーハイアット

■大正製薬大宮工場

■ラフォーレ

■アート引越しセンター

■有馬グランドホテル

■池之端文化センター

■東急ハーベストクラブ

■住友金属鉱山本社ビル

■クレマチスホワイトガーデン

■小田急OX

■スルガ銀行セミナーハウス

■戸田市役所

■山武

■公衆電話ボックス

■御殿山ヒルズレストラン

■NTT厚木研究センター

■NTT-NEL

■NTT-TE

 

■NTTファシリティーズ

■NTTデータ

■ドコモショップ

■オーチスエレベーター

■横河電機本社ビル 松下電工

■ワークマン

■日産厚木工場

■柴崎製作所

■その他多数

豊富な実績と実証データ豊富な実績と実証データ 豊富な実績と実証データ 豊富な実績と実証データ

某ファーストフード店舗

6mmフロートガラス+アットシールドクリア塗布 日射エネルギーによる、輻射熱の温度上昇を測定しました。

下のグラフで最高温度を比較すると16.7℃の温度差が確認できます。

某ファーストフード店舗実績

某ファーストフード店舗

アットシールドクリアは膜厚が2ミクロンであり、熱割れが無いため、 フロートガラスだけではなく、網入りガラスや天窓などにも塗布が可能となります。

某ホテル

Low-E複層ガラス+アットシールドクリア塗布

未塗布:43.3℃、アットシールドクリア塗布:37.3℃

6℃の差が出ています。Low-E複層ガラスにも高い効果が得られます。

某ホテル Low-E複層ガラス+アットシールドクリア塗布

某ホテル

アットシールドクリアはどんな高機能ガラスにも塗布することによって、 さらにその機能を大幅に上げていきます。
快適な室内空間を提供します。

アットシールドクリアの施工工程

アットシールドクリアの施工工程

認定施工企業証

企業施工認定証

アットシールドクリアはマイスター認定で管理され、講習を受けた職人でなければコーティングが出来ない免許制度となっているので、より確実な施工でご安心頂いています。

アットシールドクリアの施塗料膜特性

JIS K 5400  判定基準 ○:良好 △:可 ×:不可

評価項目 アットシールドクリア特性 試験条件等
外観 薄いグリーン 目視による
密着性 100 / 100 ○ JISK, 1mm×100カット
鉛筆硬度 4Hから5H 三菱ユニ
耐酸性 5%H2S O4  24時間スポット
耐アルカリ性 1%NaOH  24時間スポット
耐水性 40±2℃ × 24時間浸漬
耐温性

50±2℃ × 24時間 98%RH

促進耐候性 2500時間(10年分)で
塗膜強度赤外線反射特性 に変化無し
サンシャインウエザオメータ
耐紫外線 90%以上保持 スーパーUV試験促進劣化(5年分)